【初心者入門】FXトレードの利益とは【どうやって儲けるの?】

FX

FXトレーディングにチャレンジするにあたって、どういう手法で儲かるかという話はもっとも興味を惹かれる話だと思います。

ですが、その前に、そもそもFXトレーディングでどういうタイミングで儲かるのか、イコール利益が生まれるのかという点を理解しておく必要があります。

解説:どこで儲かるのか【利益】

為替差益(かわせさえき)

FXは、2つの通貨の組み合わせで取引します。

このページを見ている方は日本人の方がほとんどだと思いますので、日本円を基本として説明していきたいと思います。

まず、前提として円をいくらか持っているので、これが1つめの通貨です。
そして、2つめの通貨としては世界一メジャーな通貨であるドルであると仮定します。

この時、円を使ってドルを買うことを「ドル円を買う」と呼びます。

ドル円を買ったあと、もしドルの価格が上昇したらどうでしょう。

下の図は、1ドルを109円で買って、その後に110円に上昇した時に売るイメージになります。
俗に言う「安く買って高く売る」という状態ですね。

この場合、いくら儲けたでしょうか?

そうです。

109円で買ったものを110円で売ったんですから、1円の儲けになりますね。

これが為替差益と呼ばれる利益です。

※「1円しか儲からないの?」と思うかもしれませんが、この1円の動きでいくら儲かる(または損する)かという話は別でしたいと思います。

逆のパターンとして「高く売って安く買う」ということもFXトレードでは可能です。

一般的に何か(例えば車など)を売買する場合、”先に売る”なんてことはできませんが、FXトレーディングでは先に売ることが可能なのです。

つまりドルの価値が下がろうが上がろうが、同様に儲けるチャンスがあるということになりますね。

下の図は、1ドルを111円で売って、その後に110円に下降した時に売るイメージになります。

111円で売ったものを110円で買う(買い戻すという言い方をします)のですから、これも差分の1円が利益になりますね。

スワップポイント

通貨を買うと、スワップポイントという形でお金をもらえることがあります。

銀行にお金を預けておくと、わずかではありますが金利をもらえますよね。

それと同じようなものだと考えてください。

例えばドル円を買ったとき、ドルの金利が円の金利を上回っていたとすると、その金利の差がスワップポイントがもらえます。

これは1日1回振り込まれます。

ただし、為替の変動によって生まれる差益や損と比べるとかなり小さいものになりますので、デイトレードやスイングトレードのような短い期間でやる手法をメインとしている場合には意識しなくても良いでしょう。

注意点としては、スワップポイントは統一されているわけではなく、証券会社によってそれぞれ違いがあります。

けっこう差がありますので、もしスワップポイント狙いで通貨を買う場合には、その視点で証券会社を選択する必要があります。

解説:どこで損をするのか【損失】

為替差損(かわせさぞん)

これまで儲かるパターンだけを話してきましたが、もちろん損をすることもあります。

さきほど為替差益でドル円が上がったり下がったりすることによって利益を得られることを説明しました。

それでは、その逆をやったらどうなるでしょうか。

そうです。当然損しますよね。
これを為替差損と言います。

下の図は、上昇を見込んで111円で買ったもののその後失速して110円で売った場合の図です。

この場合は、当然1円の差がそのまま損失になります。

先に売った場合はどうでしょう。

下の図は、値が落ちるだろうと予想して109円で売ったものの、その後上昇して110円で買い戻した場合の図です。

この場合も、1円の差がそのまま損失になりますね。

マイナススワップポイント

スワップポイントのところで、2つの通貨の金利の差分お金がもらえるという話をしましたが、逆に買った通貨の方が金利が低い場合はどうでしょう。

この場合、スワップポイントがマイナスに働くのです。

持っているだけで証拠金が減っていくということになります。

ただし、こちらも為替の変動によって生まれる差益や損と比べるとかなり小さいものになりますので、長期保有でなければそこまで意識しなくても良いでしょう。

手数料

その昔は金融商品を売買しようとするとかなり多くの手数料が取られていましたが、いまはかなり手数料が安くなっています。

株などで言えば、証券会社によって違いますが、一回の取引ごとに数百円程度です。

ではFXはどうかというと、ほぼすべての証券会社で無料になっています。

手数料が無料だと、証券会社はどうやって儲けているのだろうと疑問に思いますが、その答えが次のスプレッドです。

スプレッド

通貨を売買する場合、実は買う時の値段と売る時の値段が同じではありません。

例えば、ドル円実際の取引を行おうとすると2つの値段がついており、買う場合(Ask:アスクと言います)は110.1円、売る場合(Bid:ビッドと言います)は110.0というように価格に差があります。

この価格の差をスプレッドと言います。
つまり買った瞬間、売った瞬間にスプレッドの分だけマイナスの状態なんですよね。

これを手数料みたいなものだと考えればよいかと思います。

このスプレッドの数値もやはり証券会社によって差があるのですが、国内証券会社と比べると、海外証券会社は大きいので勝つために少し難しくなっています。

※しかし、海外証券会社には国内証券会社にはない2つの大きなメリットがあります。
それは

  • レバレッジの大きさ
  • ゼロカットシステム

の2つです。
別の記事で詳しく解説しますが、「レバレッジの大きさ」が攻撃、「ゼロカットシステム」が守備となって、国内口座では実現できない大きな勝負ができるのです。

まとめ

まとめますと、

  • 儲けるには、商売の基本である「安く買って高く売る」ことが利益につながる
  • 逆をやると損する
  • 為替差益以外にもコストがすこしかかる

になります。

いかがでしたでしょうか。

FXの証券会社をどこにするべきかという点については、トレードスタイルによって向いている会社、向いていない会社がありますが、初心者の方には日本語サポートもしっかりしている XMtrading をオススメします。

【登録無料】お申し込みは下記のボタンから

詳細を知りたい方はこちらのページをご覧ください

コメント