収入証明書不要・在籍確認なし、そんなカードローンはあるのか

在籍確認

賃金業法の改正により、消費者金融のカードローンを利用する際は50万円を超える借入の場合は必ず収入証明書が必要となります。また他社との合計額が100万円を超える場合も同様です。しかし逆に言いかえれば50万円以下の借入れなら収入証明書が不要のカードローンもあるという事です。大手消費者金融のアコムやプロミス、アイフルは勿論50万円以内の借入の場合は収入証明書の提出は必要ありません。

銀行のカードローンを選ぶのも手

また銀行カードローンの場合は、収入証明書の提出は法律によって義務づけられていません。ですから銀行によっては50万円以上の借入でも収入証明書はいりません。例えば三井住友銀行やオリックス銀行なら300万円以下の借入なら収入証明書の提出は不要です。銀行によって収入証明書の提出が必要となる金額は異なるので、よく確認しておく事が大切です。

消費者金融は?

しかし、アコムやプロミスといった消費者金融の場合、在籍確認の電話を免除して貰うには収入証明書の提出が必要になる事があります。収入証明書も不要、在籍確認もなしというカードローンの数は決して多くありません。ですが一部の銀行カードローンでは、借入額に制限があるものの収入証明書も在籍確認もなしで借入が出来ます。セブン銀行がその数少ないカードローンのひとつになり、原則として収入証明書も職場への在籍確認もありません。ただセブン銀行の限度額は、10万円・30万円・50万円のいずれかで最高でも50万円までの少額融資のカードローンとなっています。


カードローンでの在籍確認が不安な方へ

カードローンといえば昔は消費者金融が中心でしたが、最近は銀行でも金利の安いカードローンサービスが展開されています。、私たち利用する側としては競合することによってよりよいサービスが使えるため非常に良い事と言えます。そんなカードローンに付き物なのが審査です、どのカードローンでも審査に通過しない限りは借り入れを利用することはできません、申込み自体はインターネット環境があればパソコンから簡単に必要事項を入力するだけで簡単にできます、今では皆さんが使っているスマートフォンからも申込み可能ですからお急ぎの時など外出先からも申込みできるのも嬉しいところです。

 

申し込みを行った後は審査結果を待つことになりますが、消費者金融などの場合は即日融資が可能となっているお店がたくさんありますので即日に借り入れすることも可能になっています。1つ気を付けたいのが入力事項です、勤務先や収入などに嘘の情報を記入してもすぐにばれますので必ず正確な情報を入力することです、特に勤務先への在席確認では必ず会社や勤め先への確認の電話がリアルタイムに行われますのでもし嘘をついていても確実にばれます。

 

カードローンに付き物の在籍確認ですが、会社に電話されるのは困るといった理由で途中でカードローン契約を諦める方もいらっしゃるようです、実はこれはまったくの勘違いです、基本的にカードローン契約時に在籍確認する際には貸金業者さんは法人名などは出さないのが決まりになっています、カードローン会社の名前で電話がかかってくると確実に会社にはわかってしまいますが個人名で在席確認してくれますので特に違和感なく在籍確認を済ませてくれます、ですからカードローンを作る時に在籍確認が嫌でやめる必要はないというわけです。

在籍確認にも訳がある

在籍確認

貸金業者がわざわざこのようなことをしてくれるのには訳があります、顧客への気遣いもありまるが、実は貸金業者としては貸金業法によって契約者以外の第三者に契約の事実を知らせてはならないという決まりがあるからです、ですからこれを守らない業者さんは貸金業法に違反していることになりますからあり得ないというわけです。ただしこれは在籍確認の時の話です、ローンの返済を滞ったりした場合は最終的に職場などにも連絡が行くことは無いとは言いきれませんので注意が必要です。

 

ここまで言っても会社に個人名で電話がくること自体があまりないためそれだけで違和感があるという方も中にはいらっしゃるかもしれません、そんな人は個人名でかかってきてもなんとなく気づかれていると思ってしまう人もいるかもしれません、そんな場合に電話以外の方法で在籍確認を行なうこともできます、それは在籍確認書類です、働いている会社の社員証や健康保険証、もしくは給与明細書などといった現在働いていることが証明できる書類でも在籍確認ができる貸金業者さんもあります、これは業者さんによって違いますのでまずは契約前に一度確認してみるといいでしょう、大手の消費者金融などの場合大抵この方法でも在籍確認が可能になっているようです、しかも最近では書類の送付がファイルとして送信することができますので、昔のようにFAXや郵送などといった時間のかかることをしなくても電話での確認と同じ速さで確認することができます。

 

在籍確認を電話以外で行なってくれるとはいいましたが、利用限度額が高額になるほど電話連絡が必須となる場合が多いため、万全とは言えません、カードローンを作ることはなにも悪い事ではありません、社会人ともなると突然お金が必要となることは多いでしょう、カードローンを用意しておくことは社会人のたしなみと言ってもいいでしょう、そういた意味では在籍確認はそれほど気にすることはないのではないでしょうか?

更新履歴